Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

BOOKMARKS


narcisse-noir様


Lily-Merry.Queen様
Profile
Search this site.
 
Mobile
qrcode

めがね

movie


最近、映画「かもめ食堂」の原作を読んで、また映画が観たいなあと考えていたのですが、
ああ、そういえば荻上直子監督の作品に「めがね」ってのがあったなあ、と思い出し、
今回はそちらを借りて観てみました。
癒される、とか、ゆるい、とか評されている映画ですが、何事も永遠には続かない切なさや
儚さを所々に垣間みて、私は息を詰めつつ観てしまいました。

出演者は「かもめ食堂」と同様、小林聡美さん、もたいまさこさん、スタッフも同じらしいですが、
「かもめ食堂」よりは奇をてらった設定が多かったかな、という感想です。
「かもめ食堂」ではそれぞれに背負った何かがなんとなくはけた感がありましたが、
「めがね」はなんだか不完全で、美しい島が私には「逃げ場」にしか見えなくて。
でも、この監督さんの映画って食べ物が本当においしそうです。シンプルだけどおいしそう。
唯一かき氷だけはおいしそうに見えなかったんですけどね。...もう冬が近いからかな。
薬師丸ひろ子さんが一瞬出ますが、超インパクトあります。スゴイです。。。
このシーン以降、数回クスクス笑いました。

メルシー体操、本気で覚えたいです。





冬に咲く、奇跡の桜

movie


ワンピース THE MOVIE
エピソード オブ チョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜

チョッパー好きの同僚から借りたDVD。
過去に見た数作品のこともあり、ワンピのMOVIEにはさほどの期待はなかったのですが、
これは面白かったです。

ワンピ好きというわりに原作は溜め込んだまま読んでいないので
チョッパーが麦わら海賊団の仲間になったいきさつを実は知りませんでした。
MOVIEになるとなぜだか絵が“クレヨンしんちゃん”系なワンピ。
また? と一瞬思ったものの、すぐに頭からつっこむようにハマってしまいました。

で、目がはれるほど泣きました。
少年ジャンプの三種の神器にまたしてもやられてしまったのでした。
DVD買おうかな〜




人それぞれ

movie


この間、TVで放送していた“僕の彼女を紹介します”を観たので
へんなとこはたくさんあったけど面白かったよね〜と会社で話したところ、
くだらない映画だったあ〜 時間がもったいなかったよ と
いわれちゃいました。
ためになる、ならないで言えば、ためにならないかもしれないんだけど
と、すぐ弱腰になってしまった私です。
私的には以前、同じ監督の“猟奇的な彼女”をみて
ばかばかしさが面白いと感じたので今回もそんな感想だったのですが。。。
私はわりといつも少数派なので多数派的にはつまらなかったのかな。

この前“夜のピクニック”のDVDを借りました。
この映画、評価もそこそこで、原作はもっといい、みたいな
ことでしたが、私はこの映画、さほど感じるものがなくて。
年をとり過ぎていてあの青春時代の感覚(告白したくても
できないもどかしい感じ、とか、話したいのに無視してしまうとか)
を取り戻せないといえばそれまでだけど、
なんだかすべてが惜しいかんじ。
台詞がいまひとつ、平面でつっかかるよなテンポの悪い場面とかも。
終わりに向けてはちょっと集中して見ることはできました。

小説と映画はちがうので、原作はどうなのかな。。。

感じ方は人それぞれ、自由ですからね。

写真は映画とは無関係にアナイス。
アナイスは黒髪でも似合う???
リケさんのどうにもならんウィッグをザクザク切ってしまったもの。
この黒髪にこの服。。。カジュアルに着替えさせるべきでした。







毎日暑いですね

movie


夏生まれなので暑さに強い、というのは
信憑性がないかもしれませんが、
夏の暑さはあまり苦になりません。

今日はドルパなんですね。
参加される方は暑い中御苦労さまですね。
みなさんいろんなお買い物をされるようなので
ドルパのあとにサイトさまを訪問するのが今から楽しみです。

私にはお盆休みというものがないので
世間の雰囲気に逆らっている感じ、というか、
14日は家族でお寺とお墓参りにいきますが、
その日以外は普段と変わらぬ生活です。
この時期に限らず、わりとめりはりのない暮しなんですが。。。

うちは田舎なのでレンタル屋さんが遠いため
宅配DVDを利用しています。
でも、借りたい映画が届くとは限らず、
しょうがなくリストに入れておいたものが届いてしまうことや、
シリーズ物なのに2作目が先に来たりと不便な点も多々あり。
これはシリーズという項目にチェックしなかった私のミスなのですが、
今回は借りたくもなく、しかもシリーズの3作目、という
ダブルショック。その上2枚借りたのですが、
もう一枚は後編が先に届いてしまい、
もう見る気が失せました。

“SAW”という映画が人気、と、どこかで目にしたので
シリーズ3作ともリストに入れておいたのですが、
先日“SAW2”が届いてしまい、見たらなんと最悪、
スプラッター映画でした。
内臓があんなことこんなことに! だけならまだしも、
映像が痛すぎてまともにみることが出来ませんでした。
生爪を剥がれるような、そんな痛さと精神的恐怖感。
サイコサスペンス映画だと思っていたのでショックです。
苦手なんですよね、スプラッター。

映像のクオリティは高いと思いますが、痛すぎ、グロすぎ。
予約リスト修正を忘れていたらなんと続いて“SAW3”が
昨日届いてしまった、というわけです。
悪いのは私です。
借りたい度の低い順番のものが届いてしまうという理由で
この宅配レンタル、一度退会したんですが。。。
…やはり自分の足で借りにいけ、とういうことでしょうね〜。

因に“SAW”は2や3ほどのグロさはなく、秀作とのことなので
懲りずにまた借りてみようと思っていますが、
ず〜っと貸し出し中でなかなか届かないんですよね、やっぱり。




やっぱり猫が好き 2007

movie


暇だということがバレますね。
DVD3枚も見ちゃいました。

“大停電の夜に”は本郷奏多くんが出演している、という
単純、そして不純(?)な理由から。
この映画、豊川悦司、田口トモロヲ、原田知世、吉川晃司、
寺島しのぶ、宇津井健、香椎由宇など豪華キャストで
評判よかったみたいですね。
個人的にはキャンドル屋のおねえさんとジャズバーのマスターの
設定がなんとも非現実的で、ちょっと。。。というかんじでした。
二人とも、“ああ、いるよね、こういう人”なんですが、
浮き世離れした人間を肯定できないほど、
私も年とったのね〜と思ってみたり。

“博士の愛した数式”
深津絵里さん好きです。
西遊記も見に行きたいくらいです。
多部未華子ちゃんも出演してるし。

この映画は、交通事故により、80分しか記憶できなくなった博士の
お話なんですが、所々でうるうるしてしまいました。
冷静に見れば矛盾を感じる部分もありましたが、
演技力の勝利、なのかな。浅丘ルリ子さんが上手かった。
全編静か〜な映画なので寝不足ぎみだと寝てしまうかも。

“やっぱり猫が好き 2007”
懐かしい〜と思った私はまぎれもなくばあさんです。
もたいまさこ、小林聡美、室井滋さん出演。
2005も2003もあったんですね〜。知らなかったです。
2005と2007を見ましたが、おもしろかったです!
特に2007。私はこういうのに癒されてしまいます。

そしてこれから“ダヴィンチ コード”を見ようとしている私。
どんだけヒマなのよ。。。