Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

BOOKMARKS


narcisse-noir様


Lily-Merry.Queen様

Selected Entries

Profile
Search this site.
 
Mobile
qrcode

かご売り

supiadoll Rosy・hael


先日、家に「このかご買ってください」と 男性が竹かごを持って現れました。
キッチンで使うボウル程度の大きさのかごでした。
家人が「もっと小さなかごだったらね、インテリアになるからいいんだけど」と
やんわり断ったらしいのですが、
「最後の1個なんですが、いびつなのでだれも買ってくれないんです」とか、
「母が編んで私が売っています」とか、、、話をきくうち、まあ、1個ならと
結果的に家人が1000円のところ800円で購入しました。
すると翌日もその男性はやってきて、今度は私に
「今日は少し小さいのを持ってきました」と、かごを2個出しました。
いや、昨日とかわんないし、、、しかも私には
「父が編んで私が売っています」という。
、、、え、母じゃなかった???
うちもかごばかり何個もいらないし、と、断ると、
「この辺りを全部まわったけどすべて断られました。2個で1500円でいいです」
というので、ああ、なんだか大変そう、と、つい購入。
しかし、その男性、さらに翌日もきて、「今度は違う形を編んで来ました」と。
しかもその日は「母が編みました」と言ったらしい。
私には父といい、家人には母といい。
この家族、かごで生計たててんのか? 
いやさ、かご売ってるひまに働けよ、息子! 
どうやら自転車にかごをくくって売り歩いているらしい、というか、
うちがターゲットらしいので、その日手持ちのかごは2個のみだったようで。
「次はぜったい買いませんから」と前置きして結果購入。。。(買うなよ!)
うちのかご、すでに5個。今度は私が売りに行くか? な状況に。
なのに〜
翌日もその男性はやってきて。。。やはりかごを1個持っていて、
当然家人は買いました。売るバカに買うバカ状態。6個目。
さらに男性はボロボロのビニール袋を携えていて、よせばいいのに家人、
「それはなんですか?」と聞いてしまい、、、
中身は壊れたラジオと、なに?昭和?な箱に入ったドライヤー。
「古道具屋に売りに行ったら断られました」
そりゃそうだね、こわれてるしね、ラジオ。
今更いうまでもないですが、家人はそれすら買いました。500円で。

そしてそしてまさかの翌日、入れるものに悩むようなデカいかごを持ってきました。
「今日食べるものを買うお金がありません。明日お金が入るので、
もう二度と来ませんから最後にこれを買ってください」
もう二度と来ないのなら、と、家人はデカいかごを買いました。7個目。
帰る際、男性は「これはお金はいりませんから読んでください」と
なんかの宗教らしき冊子を置いていきました。
なに、そのオチ。。。疲れました。

会社でその話をしたところ、「先月、ここにも売りにきたよ」と、佐藤さん。
3個持ってたよ、とのことでした。
本当にお金が入ったのか、以来その男性は来ていません。
「天気もいいし、一人一かご持って、壊れたラジオも持って
ピクニックにいけばいいよー」と佐藤さんに笑われました。
一かご貸すから佐藤さんも参加しなよーピクニック。

7個のかごの活用方法、未だ悩んでいます。