Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

BOOKMARKS


narcisse-noir様


Lily-Merry.Queen様

Selected Entries

Profile
Search this site.
 
Mobile
qrcode

キモウィシュ

AIL バートラム・アリス


しまい込んであったヘッドをポツポツとオクに出品しては、それ以上買ってどーする、と思うまでに
増えてしまったアイを、この上さらに買ってしまう私。
結果、アイなんてどーでもいいんじゃ、的写真ばかりで、個々のアイの詳細は微塵も写っていないわけですが、
それでも欲しい、コレクター魂。

写真は前回に引き続き、バートラムです。似たようなものばかり3枚も。
この写真、見た目以上になんだかキモイ、と思ったのは、私の脳内に沸いた妄想のせい。
日頃、あえて人形に性格や設定を与えない(浮かばない)のは設定すると全部BLになるであろう
自分の浅ましさが露呈するからです。
3歩あるけば今なにしようとしたんだっけ? という年になり、今更BLかい、という気持ちもあり、
でも趣味に年齢は関係ないよなー、と半ばひらきなおりの感もあり。
会社の同僚の、今、ケータイ小説にはまってて〜なんて話を聞くと、
それがありならこれ(BL)もあり? とか。。。いや、ないない。

ソファの上に傾向の違う服をきたバートラムとウィリアムズが座っていて、
ふと、こいつらは高校時代の同級生で、バンド仲間で。。。と考え出してしまい。。。
バートラムは未だバイトをしつつアマバンドのドラマーで、ウィリアムズは社会人(中小企業)。

ウィリアムズがバートラムに「お前はあいかわらずだな」といいました。(いってないから)
B「そうだろ? あいもかわらずオレがお前にぞっこんラブで安心しただろっ?」
W「それ、死語だし」
B「そんなばなな!」
W「だから、それも。。。」
B「許してちょんまげ」
W「帰る。。。」

形勢不利になるとすぐに逃げ出すウィリアムズのクセも相変わらずでした。

「しぇーん! かむばーーくっ!」